On the Homefront

東京大学文科3類ドイツ語クラス卒業生の共同ブログです。個々人が、それぞれに思うことを述べていきます。

東北出身者は検定試験にもケチつけられなきゃならんのか

 

平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験問題

平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験問題

 

 

日本語教育能力検定試験、つまり日本語母語話者でない人に日本語を教えるための試験、の平成29年の問題を見ていたのですが、アコモデーション理論(聞き手によって話し方を調節すること)を問う問題で選択肢の一つにこんな文章があって、

 

東北出身者が、方言使用に否定的な友人に対して、方言を強調して話す。

 

あ、出たーーーーーー

 

これを見た瞬間、現実の「東北出身者」つまり私の頭の中では、おそらく「方言使用に否定的な友人」は大阪出身者とか福岡出身者に対しては登場しないんじゃないかなあ──もちろん、そういう人間が実在しない、あるいは少ないだろうという意味ではなくて、こういう設問を作る人がそこに登場させようと思わないだろうという意味で──とか、そういう友人に対して逆にあえて「方言を強調して話す」なんて意地悪いことをするのはどごの田舎者なんだべなーとか、なんか試験とは関係のないあれやこれやのことがたちまちのうちに駆け巡ったのであった。

出題意図は分かるんだけど、あえて「方言使用に否定的な友人」を設定しておいてその上でわざわざ地方名を特定して引き合いに出されるのってやっぱり東北なんだなあ、確かに東北の受験者数は少ないとはいえ全国でやってる試験なんだけどなあ、などと試験中に余計な感情を喚起させられる東北出身者がいることくらい、問題作るときに一瞬でも想像してくれなかったのだろうか。(この年の試験は総受験者が5767人、うち東北地区の受験者は133人とのこと)

 

同じ試験の聴解問題では例えば女性医師と男性患者の会話も出てきたし、そもそも日本語社会にいる日本語非母語話者について取り上げるような試験なので、決して「何も考えていない」わけじゃないと思うのだが、やはり平成30年になっても、性別やナショナリティについて「配慮しようという気がある」と思えるほどには、日本の中の各地方の扱いについてはそう感じられる場面は多くないと思う。それはまあ、出身地方というのは見た目だけでそれと区別できるような類のアイデンティティでもないし、おそらく全国どこに行っても男と女は同じくらいの割合でいるが、東北出身者の割合が多いのは東北地方だろうから、意識されにくいとしても理由は納得できるが。でも、だからって現状に納得してるわけじゃないし、だからこそ私は黙っていたくはないです。ちょっとしたことでもな。

 

似たような話をしている記事↓

地方コンプレックスが強すぎてつらい その1 - On the Homefront

地方コンプレックスが強すぎてつらい その2 - On the Homefront

夏休みは8月31日に終わらない - On the Homefront

遠足の準備より遠足当日を素直に楽しいと思えた夏

遠足は当日よりも準備してる間の方が楽しい、みたいな傾向が多分にあって、例えば週末が楽しみだったとして、昔から木曜日あたりが一番好きだった。日曜日はあまり好きじゃない。楽しみにしてた週末が終わって、次の週末が一番遠くなる日だから。

とにかく何か楽しみにしているイベントがあると、その当日といったらどこか気持ちが重くなるのである。だってもう楽しみを楽しみにすることができないんだもの。逆に楽しくないイベントの場合は当日が一番ハイテンションになる。例えば試験なんかそうで、ずっと続いてきた試験勉強とかいろんな重圧がこれさえ済めば終わると思えば、一番重いはずの当日はむしろ楽しくさえあった。とにかく、楽しみの中に在るとき、その楽しみ自体を楽しむことよりも、楽しみの時間がどんどん減っていくことばかり考えてしまうのだ。

 

てなわけで、夏休みも8月に入るともう心が重い、というのが学生時代は定番だったわけなんだが、今夏はそれがびっくりするほどなかった。楽しさの中に憂鬱がなかった。夏休みといって1週間帰省してきたくらいなんだけど、地元東北は猛暑を逃れて過ごしやすく、といって気が滅入るほどの冷夏でもなく、適当に暑く、不快にならない程度に汗をかき、スイカをおいしく食べて、山に登り、湖に行き、花火を見て、十分寝て、墓参りと親戚付き合いも済ませ、あとはずっと好きな本を読んで過ごした。タイミングが良かったのか何なのか、自分にとってこれ以上ないお手本のような夏休みだった。

そしてこれだけ充実していると、充実した日々が終わることが惜しくて憂鬱になる、という気持ちすら起こらないのだった。そりゃ充実した日々は終わってほしくはないんだけど、それが終わるとしても、まあそろそろそういう時期だよねって穏やかに受け入れられるという。楽しみを楽しんでも惜しむ気持ちが起こらない。心に余裕があるってこういうことかと自分でも驚いた。

心に余裕があるってことは何もかもどうでもいいと思うことに近くて、こうしなきゃいけない、こうでなきゃいけない、こうしたい、みたいな強固な信念から解放されている状態なんだろうな。それってたぶん生産的な気持ちとは反比例するもので、何かを書こうとか新しいことを始めようと思うためには余裕のない渇望感の方が必要なんだろうが、まあそれは放っといても湧いてくるものなので、今のところは珍しく余裕のある心を持てた有難さの方を存分に享受することにしたのであった……

一年ぶりに考える、私が文三だったわけ

 将来の夢ってはっきり決まっていたことがない。やりたいことを絞るには、世の中には知らないことが多すぎて、将来なりたい仕事なんてまだまだ選べるわけがないといつも思っていた。おそらく道を一つに定めていた方が何かと楽にやっていけたのだろうが、決めようと思ったところで決められた試しがないので、そのままここまで来てしまった。今ですら先のことは何も考えないで生きている。来年どうしているかも分からない。

 小学生のとき将来の夢を発表しなければならないことがあり、困った私は半ばやけくそで作曲家と書いたのだった。ピアノを習っていて、テキストに載っている曲を真似してドレミファソしか出てこないメロディを五線譜に書きためたりしていたのだ。結局その話はそれ以上になることはなかったのだけれど、最近になってちょっとパソコンをいじれるようになり、記憶の中の曲を思い出して打ち込んで、音符を加えて曲らしい体に完成させるというようなことをしている。そうしてイントロから各パートのそろった曲を自分で作って自分で聞いていると、それがびっくりするほど楽しくて楽しくて、ああ私はこういうことがやりたかったんだなあと思う。素人のお遊びとはいえ、あのときの夢を一つ叶えられたような気持ちなんだ。

 

 そう思えば将来の夢なんてほんとはずーっと決まっていて、それに向かってああでもないこうでもないしていたというだけのことなのかもしれない。道なんて本当は最初から一つしか見えていなかったのに、ただそれが実現させるにはあんまり茫洋とした話だから、決めきれないという形でごまかしてきたのだ。

 要するに、ずっと何かを作りたいと思って生きてきた。何か、というのはおそらく形のないもので、具体的には文でも絵でも音楽でも、マンガでも論文でもウェブサイトとかでもなんでもいい。なんでもいいから何か作っていたいんだよなあー。……という話を先日ちらっと江藤にしていたら、文三に来て文学部に進むような人はわりとみんなそういう志向があるのかもね、と言われてなるほどと思った。みんなそういうものか。何かを作りたいなんて、思うだけなら誰でも思いそうなことを、マジにしてしまうようなやつは、確かにそういう分野の学問にたどり着きがちかもしれない。

大急ぎロシア観光 その7:快晴のネヴァ川にて

前:大急ぎロシア観光 その6:偉大なる都市への讃歌 - On the Homefront

 

 後になってガイドさんに聞いた話なのだけれど、サンクトペテルブルクの冬は本当に日照時間が少なく、3月でも雲一つない快晴なんてほとんど見られないのだそうだ。にもかかわらず、私が訪れたちょうどその日がまさにそのレアケースで、2日間ずっと青空の隠れる瞬間ののないほど好天に恵まれた。結果的に、本当にこれ以上ない最高のタイミングでペテルブルクに来たものだなあと思う。

 

 ただし、晴れていた分気温はかなり冷え込んだ。顔に刺さる風は完全に冬の空気。市内のあちこちで眺めるネヴァ川には、ところどころ氷が解け残っている……のだが、その川岸にはなんと半裸で日光浴をしている人の姿が!!

 とにかく曇りのペテルブルクでは日光が何よりも貴重なので、人々は少しでも日の出ているタイミングを逃すまいと、寒さをものともせず日光浴に励むのだそうだ。コートや帽子にガッチリ身を包んだ通行人のほんの数十メートル先で、かすかな日光を一差し残らず身に受けるべく肌をさらす若者たち。その光景は慣れているであろう現地の人にしてもちょっと異様に思えるらしくて、下手したらそのへんの歴史的建造物よりも見応えのある観光スポット(?)になっていた。

f:id:queerweather:20180319204459j:plain

  聞くところによると夏でもあえて日向を選んで歩くほどらしく、そこには太陽への執着というか、情熱というか、極東の人間には想像できない気迫みたいなものすらあるような気がした。

 

 冬があんまり長くて暗いので、ペテルブルクの人間は冬の間は笑うのも嫌になる、とガイドさんは言う。ただ私が見た限りでは、こちらの方がモスクワよりもずっと開放的でフレンドリーな感じがした。京都の観光地みたいなもので、ヨソの人間には愛想良くする訓練ができているんだろうか。

 少なくともサンクトペテルブルクは観光客慣れした街だった。モスクワでは全部ロシア語だったが、ここならアジア人と見ると英語で話しかけてくれる。地下鉄にもキリル文字だけでなくラテン文字の標示があって分かりやすい。現地に到着した瞬間から、まず街並みの雰囲気が全然違う。

 乱暴にいうと、モスクワはソ連、ペテルブルクはヨーロッパ。歴史的な背景を考えたらそう感じられるのも宜なるかなではあるのだけれど、たかだか2日間の滞在では、実際に行くだけかえって先入観が強化される結果になってしまったのかもしれない。つづく。

こじつける理由が欲しいだけ

要らない遠慮をして楽しみを楽しめなくなるのは嫌だから、日付にはあまり特別な意味を持たせたくない。ただ日付が同じだからというだけで何の生産性もない感傷に浸ることは一番しょうがないことだと思うのだけれど、それでも、私はいまだに何かにつけてこの日を思い出しては悲しくなってしまうし、そのことについて書くなら今日だろうなと思ったので書く。

 

私の身の回りに限って言えば、具体的な被害は何もなかった。ちょっと停電になって、しばらく交通が止まって不便をした、その程度。家具一つ倒れもしていない。

そのときのことは日記にずいぶん詳しく書いてある。書いて以来ほとんど読み返すこともしなかったけれど、読めば一文一文嫌になるほど思い出せる。何しろ日記を書くくらいしかできることがなかったのだ。どこにも行けなかったし手も足も出なかった。できれば書きたくなかったのもよく覚えているけれど、黙っていたら本当に他にやることが何もなかったから、今この気持ちを記録しなくてなんのための日記かと思って、書きたくないけど書いた。

 

その年その日はいい日になるはずだったんだ。数年に一度レベルの楽しみに浸れるはずで、そのつもりでずうっと待ってた日だったのに、その楽しみは、突然起こったことの重大さの前に、そのくらいつぶれても仕方ないというようなちっぽけなことになってしまった。 

 

言うなれば「もっとつらい人はいっぱいいる」それがどうしようもなくよく分かるから二重につらい。自分が特別悲しい目に遭ったというわけじゃないし、でも私にとってはずっと心待ちにしていた喜びを目の前で取り上げられて絶望のどん底みたいな気分で、自分の身に起こったことであんなに悲しいことだってそうそうあるものじゃないのに、それですら世の中見渡してみればちっとも大した悲しみとは思えなくて、こんなことで悲しんでいる自分がますます嫌になる…… 

改めて書くと本当に何くだらないことでぐちぐち言っているんだとしか思えなくなってしまうね。それでもこうして書きたくなってしまうほど、私にとっては大事な楽しみをなくしてしまったのだ。あれから7年間うれしかったことなんて何もなかったような気さえする。そう思うくらい、喜びをあのときに喜び残してきてしまった。個人的な悲しみでさえ荷が重すぎて、世の中にどんな悲しみがあるかとか、もっとどんな問題があるのかということなんか、とても引き受けることができなくて、目を逸らしたまま今まで来てしまった。

あの3月以来、私は明確に刹那主義的な考え方に寄りがちになった。いつかやろう後で楽しもうなんて先延ばしにしていたら、本当に、いつ何もかもパーになるか分かったもんじゃない。

 

こんなことを書いたとして今さらつまらない思い出語りでしかないし、誰かに何かを分かってもらおうという気も、伝えようという気すらないかもしれない。誰かが悪かったわけじゃないし私はただ悲しい。その悲しさは時の流れに反してびっくりするほど変わっていないのだけど、ただこうやって格好つけて文章にしてやったら、形にならない気持ちだけくすぶらせているよりは、ゼロじゃないだけマシかなと思った、それだけだ。

突発的文具レビュー その1

中高生のときはとにかくシャーペンが好きでしょうがなくて、とにかく手に入る限りのシャーペンを買い集めることに命をかけていた。今でもシャーペンに限らず文房具めっちゃ好きなんですが、集め始めてそこそこの年月になるし、せっかくなので文具レビューを書いてみることにする。レビューというか、戦友を紹介する、くらいの気持ちです。

 

 

フレフレシェーカー(パイロット、1000円+税)

f:id:queerweather:20180204225527j:plain

最初に紹介するならこいつしかいない。初めて1000円を超える文房具に手を出したのがこれだ。完全に一目惚れだった。いつも行くシャーペン売り場の上の方の棚に置いてあって、自分には縁のない価格帯の商品だと思ってずっとスルーしていた。それをあるときなぜかよく見てみる気になって、目に入った瞬間から心を奪われてしまった。デザインがいいのだ。

ペンの重量感とか重心の位置を意識するようになったのは多分このペンを使い始めてからだったと思う。その名の通りの振り子式で、ほんの少し重みを感じる程度の持ち応え。使い心地も値段相応に良いのだが、とにかく見た目が好きなのだ。メタリックな色使い、無駄のない丸さ、凹凸なくスッと下りてきてよくなじむグリップ、もうちょっとクリップが短ければ手の水かきのあたりに当たらなくてもっと良いのになーとは思うのだが、まあ縁を一周する針金の遊び心といい見た目が完璧なのでこれ以上は何も求めない。惚れた欲目というやつです。

最初に買ったのは一番手前のシルバーで、学生時代はいつもポケットに入れてずーっと一緒にいたので、もうだいぶ黄ばんで傷だらけになってしまった。デザインが好きすぎて色違いで4色揃えてしまったのだが、青とピンクはちょっと色の主張が強い気がする。そうはいっても好きは好き、俺の嫁と呼べる存在がいるとすればこいつである。永遠に使っていたい。

 

 

フレフレシリーズ(パイロット)

f:id:queerweather:20180204225552j:plain

前述のシェーカーの下位モデルとしてフレフレロッキー(500円+税、写真下)、フレフレスパーク(300円+税、写真上)、それと確かフレフレスーパーグリップが同じスタンドに並んでいたのを覚えている。ロッキー以下になるといきなりパイロットらしい男子小中学生っぽい(?)デザインになるのよね。

この記事を書こうとして調べたんですが、スパークはまだ売ってるけど、ロッキーはいつの間にかラインナップから外れてしまったんですね。当時は全く意識せずに「とにかく売っていて持っていないシャーペンをなくす」ということだけを目指して買いまくっていたのだが、おかげで今になってみたら廃盤になって入手困難なペンも手元に残っていることになり、時の流れを感じさせられている。

 

というわけで、好きなものについて語りたいというだけの記事でした。他に紹介したい文具が出てきたらまた書く。

あけましておめでとうございます:経済分野の新書を読んで迎えた年始

 あけましておめでとうございます。

 年末年始はだらだら本を読んだり映画を見たりし、その合間に美味しいものをしこたま食べるなどしていたら終わっていました。そう言えば、お風呂屋にも三回行きました。以下では、読んで面白かった本を紹介します。なんとなく経済の本を読もうと思い立ち、2冊読んでみました。

 

本:志賀櫻『タックス・ヘイブン−−逃げていく税金』

 これは相当面白かった。国際的なお金の流れと、それを規制しようとする法・政策との関係が素人にもわかりやすく書かれていた。  

 

タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)

タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)

 

 

 裏社会が関係する漫画や映画を観たりすると、よくスイスや太平洋の島々の金融機関にマフィアのお金が云々とかいう話が出てきたりして、これまで全く理解していなかったのだが、この本をよんでそういうお金の流れがよくわかった。この本を読むまで、不正に稼いだお金は、保管も使うのも難しいという前提がわかっていなかったので、「スイスに口座とかってなんなの?」状態だったのである。

 

※ちなみにそんな当たり前の前提すらわかっていなかった私が観たりした「裏社会が関係する漫画や映画」とは例えば『攻殻機動隊』とか、映画「ボーダーライン」とか、『闇金ウシジマくん』とか。どれも、後述する「マネーロンダリング」に関する知識があればもっと楽しめたのに、とこの新書を読み終わったあとになって思う。

 

 不正に稼いだお金は、一旦その出どころがわからないように洗浄=launderする必要がある。ここで出てくるのがよく聞く「マネーロンダリング」なのだが、その手法として、お金の流れを秘密にする法律やそれに類するものがある「タックスヘイブン」と呼ばれる地域の金融機関に預けたり借り入れたりするという方法がとられるとのこと。

 例えば日本の金融機関にお金を大量に預けると、そのことが税務署等に知れ、どうしてその人が突然そのように大金を持つに至ったのかということが明示的・非明示的に問いに付されるのだが、一旦タックスヘイブンに入ってしまったお金に関しては、金融機関の情報を秘密にするというその地域の法律に守られ、その流れが見えなくなる。こうしてタックスヘイブンは間接的に犯罪を幇助するような機能を持ったりする。

 ちなみに筆者はこのようなタックスヘイブンを批判する立場。もちろんただ批判しているのではなく、金融情報を秘密にする法制を作ることで他の場所では不可能な取引の場を作り出し、手数料収入等を稼がなければやっていけないという各タックスヘイブンの経済状況改善を同時に世界が考えなければいけない、というご意見である。

 

本:本山美彦『金融権力−−グローバル経済とリスク・ビジネス』

 先に紹介した『タックス・ヘイブン』で「もっと経済のことを知りたい」という気分になったので、数年前に序盤だけ拾い読みしてそのままにしていた本山美彦の『金融権力』を読んだ。

 

金融権力―グローバル経済とリスク・ビジネス (岩波新書)

金融権力―グローバル経済とリスク・ビジネス (岩波新書)

 

 

 これも本当によい本だった。以前読んだのは、サブプライムローン問題を皮切りとし、現代の金融界における格付け会社の役割とその功罪や、格付け会社が必要とされる背景となる、利ざやを稼ぐことをその至上命題としたヘッジファンド等の投資家たちの行動原理が紹介された序盤。

 序盤を過ぎると、序盤で紹介されたような状況がどのように生じてきたか、そして経済学がこれらの新たな状況の中でどのように発展してきたかということが説明される。素人には難しいところもあるが、著名な学者たちの個人史や彼らがいかに考えたかということがコンパクトにまとめられており、一応わかったような気分にさせてくれる。

 と紹介してくると、本書は客観的な立場に立った現在経済を観る上での指南書のように思われるだろうし、序盤だけ読む限り、そうだろうと思っていたのだが、中盤あたりから、著者が部分部分で割と強く自分の考えを主張する本であるとわかってくる。

 そもそも金融は、人々の生活をよりよくする発明等を行う潜勢力を持つにも関わらず、資金が手元にないのでできないような人に、お金を「融」通するためにあるという前提に立てば、そのような金融の役割を無視し、ルールの網をかいくぐって利ざやを稼ぐ行為は倫理的にはよくないものの方に位置付けられることになる。

 利ざやを稼ぐという行為が、結果的にお金のないところにお金をもたらす方向に向かえばよいのだが、現実はそうなっていない。むしろ、アジア通貨危機などの例をみれば、利ざやを稼ぐことを至上命題とする行動は、社会の安定や発展を阻害することになりかねない。

 著者はこのように、金融の世界における権力者たちの行動を明確によくないものの側に位置付け、そうではなく、みんなでお金を融通しあってよりよい社会を作ることはいかにして可能かということを問う。本書後半部では、そのような試みとして、NPOバンクなどが紹介される(ちょっと調べた限りでは、本書後半部で紹介されるより良い社会を作るためのオルタナティブな金融的試みは、あまりうまく行っていないみたいだが…)

 私はどちらかというと「岩波的」とされる思想に共鳴するところは多く、この本を読んでいても大いに頷いてしまった。個々人の自由な経済活動の追及が公益には通じないことも多くある。そこをつなぐ聡明な政策があれば問題は解決するのだが、それを期待するのは難しそうである。

 結局自分のした行いが回り回ってどの人々にどのような影響を与えてしまうのか、ということに関し、想像力を持つことが重要だなと思う。しかし、「自分はそういった想像力を持っている」という人々が往往にして一番盲目だったりするのであり、私益を追求しながらいかにして倫理的でありうるのか、ということに関しては、きちんとどこかで考えなければいけないなと思っているところ(こんな書き方では「きちんとどこかで考えなければいけないな」といかにも思ってなさそうだが)

 

今年もよろしくお願いします。

 

 以上、いずれも良質な読書体験でした。今年も色々な本を楽しみながら読めるといいなと思います。本年もどうぞよろしくお願いします。