On the Homefront

東京大学文科3類ドイツ語クラス卒業生の共同ブログです。個々人が、それぞれに思うことを述べていきます。

親に反抗する子供達の様が安易かも… 映画ITを観た感想

 昨日友人に誘われて映画ITを観た。前半は映し方、テンポともに本当によく、ハリウッド映画のソフィスティケーションはすごいなとただただ感心していた。ここ最近Jホラーばかり観ていたこともこの感想に影響している。

 しかし、表題にあげた通り、後半の、特に親に反抗する子供達の描写は鼻白むものであり、残念に感じた。以下、簡単に感想を書こうと思う。

 なお、表題でマイナスイメージの感想をあげてはいるが、全体としてよくできており、観る価値は十分にあったことを強調しておきたい。

 

 

ITってどんな映画?

 映画ITについて知りたい方はまずは以下のリンクから予告編をご覧ください。

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

 予告編で興味を持った人はwikipediaの概要をどうぞ。簡単にまとまっています。

 

IT (映画) - Wikipedia 

 

 映画のあらすじをごく簡単にまとめるなら、連続失踪事件が起こる街で、その原因となっているピエロ、ペニーワイズと子供達が戦うというもの。あまりにも要約しすぎているのでこれだけ聞くととてもつまらなさそうに感じるだろう。

 観る前の私自身もリンク先のウィキペディアのあらすじを読んで、なんだかつまんなそうだなと思っていたのだが、観初めて、とにかくその鮮烈なイメージの連続に心を掴まれてしまった

 

 

子供達のトラウマのイメージ化

 ペニーワイズはどうやら子供達個々の抱えている恐怖の心象イメージに自在に形を変えることができるらしい。恐怖のイメージは子供達が成長するにつれて自分の中に形作る世界の見方や、その過程において受け取るトラウマと連関しているため、並行して子供達それぞれの、主に家庭・家族の問題が語られる。

 

 例えばヒロインの女の子は父親から性的虐待を受けていることが示唆されており、また、第二次性徴の起きる体に対して不安を覚えている。

 そんな彼女のもとにペニーワイズからもたらされる恐怖体験は排水溝から吹き上がる血に勢い良く晒されるというもの。血は経血や処女喪失のメタファーであり、その血をかぶることは性徴による子供時代=性以前の身体の侵食、及び父による支配に対する屈従を示しているのかなと思った。もちろんこの辺はどう読もうが自由。

 

 

鮮烈な恐怖のイメージが秀逸 

 とにかく、それぞれの子供が有する恐怖の表象の書き方が秀逸である。それらはただ単に「驚かしてくる」、「痛そうな感じがする」、というだけでなく、こちらの胸にノータイムで何らかの揺さぶりをかける「鮮烈な怖さ」を喚起してくるのだ。

 

 この鮮烈さは、人が何かを恐怖するとき、一体何に恐怖しているのかということの核心を特定し、それをうまく膨らましていく監督の能力によるものだろう。これに関しては、掛け値無しに賞賛にあたいする。

 

 例えば邪悪なピエロ、ペニーワイズはそれ自体のルックスとしては正直大して怖くない。

    別にデザインが悪いと言っているのではない。これはこれで洗練されているのだが、私はそもそも明視できる存在は怖くないと思っているので、ペニーワイズに限らず、大部分のホラー映画で、観客に細部が見えてしまうような形で出現する霊的存在は、全般的にあまり怖くないと感じてしまう。

 しかし、映画中の数カ所で、ペニーワイズはなかなかに怖い。動きが怖いのである。このピエロ、本当に様々な動きをする。中でも、終盤のゲームで言えばボス戦にあたる場面、炎の中から少女を襲うべく現れたペニーワイズの顔面は固定されており、身体だけが活発に動く場面は、印象に残る。外見上は生きた人間のように見える存在が、本当はそうではないのかもしれない、という不安を煽られる故の怖さである。私たちと同様の身体を持ち、ということは同様の運動の限界を持っているはずの存在が、その矩をはるかに超えるような運動性を発揮するのも、怖い。

 

 と、ここまでは褒めてきたのだが、以下では残念だった点に関して述べる。

 

 

恐怖を乗り越えることによる、ペニーワイズへの対抗

 それぞれの子供達がそれぞれに有する恐怖イメージを、ピエロであるペニーワイズ(=IT=「それ」は霊でも悪魔でもなさそうだが、超人間的存在というのもあんまり当てはまらないような…。こういう存在を名指す名前を、アメリカ文化に詳しい人は教えてください)が具現化すると聞けば、「ペニーワイズに対抗するには、個々の子供達が自分の中にある恐怖心を乗り越えればいいのだ!」という展開になっていきそうだと、聡明な読者はすぐに気づくかもしれない。

 その通りである。ということで、映画後半は子供達がそれぞれのトラウマや、それぞれの閉じ込められた小さな世界を乗り越えたりする場面が散見される。 

 

 そして上に述べたように、彼ら子供達の世界を規定しているのは両親という絶対的権力者である。彼らは親達の、しばしば歪みまくっている支配から逃れていく…のだが、あまりにも簡単にそれらを乗り越えていくので、冒頭に書いたように鼻白んでしまった

 

 

随分簡単に、親の支配から脱していく子供達

 例えば先ほど紹介した父親の支配を受ける女の子は、後半のあるシーンで、父に性的関係を匂わせるような「お前は俺のものだろう」的な台詞を投げかけられるのだが、意を決したようにそれを大声で拒絶し、迫ってくる父に金蹴りを食らわせ、バスルームで殴り倒すことになる(あれ、死んだのかなあ)。

 

 もちろんこれ自体は随分激しくはあるものの、ありえなくはない、と思ったりもするのだが、父を恐れ、父に話しかけられるたびに緊張した表情を浮かべていた女の子がこのように勇ましくなるまでの間の彼女の中の変化がほとんど全く描かれていないため、面食らってしまう。

 まあ、私の観ていないところで随分と大きな変化をくぐり抜け、葛藤の末ついに父と暴力的な対決をするまでにも勇ましくなった、ということなのだろうが、観客としてはそのあまりの変化に戸惑わずにはいられない。つまり展開が性急なのである。

 

 同様に、過保護すぎる母の「あなたのため」的なセリフにより健全な少年が享受すべき自由を奪われてきた少年は、その母が、少年を保護する口実としてきた彼の病気(?)の治療のための薬がプラシーボ=偽薬であることをドラッグストアの女の子に告げられたことで、母に対する不信感を募らせ、反旗を翻すのだが、これもなんかあまりにも性急。

 まあ私の観ていないところで彼もさっきの女の子同様さまざまな葛藤をくぐり抜け、ついに自分に対する母の保護が、自分の体のためを思ってのものでは本当にはなく、自分という存在を母の保護下に置くこと自体のためにおこなわれていたのだということに気づき、歪んだ母の愛情を自覚するにいたったのだろうが(お母さんは家を出て行く彼に「私を見捨てないで」的な言葉を投げかける)、全然その辺りのことが描かれていないため、なんだか少ないヒントでいともやすやすと親の支配を乗り越えていくように見えてしまう。

 

 子供達の世界における問題、特に親との関係の歪みをもとにして子供達が受ける影響というのはもっと隠微に、長期間続く、脱出の困難なものだと思うので、もう少し丁寧に扱って欲しかったなと思う。時間的制約があるのでなかなか難しいということはもちろんわかるし、色々大変なのだろうけども。。。

 

 

とはいえ、とても面白かった

 とはいえ、冒頭に述べたように全体としては良くできているし、観る価値は十分にあった。続編が作られるらしいが、観にいくと思う。鮮烈なイメージの世界の中で、恐怖を感じたい、という人は是非観てください。

 

大急ぎロシア観光 その6:偉大なる都市への讃歌

前:大急ぎロシア観光 その5:乗り物のこと - On the Homefront

 

 列車を降りた瞬間、ホームで流れてきた音楽があまりにもよく知っている曲で、今度こそ本当に涙が出てきてしまった。グリエールバレエ音楽『青銅の騎士』の終曲、『偉大なる都市への讃歌』。

 音楽というものは他のどんな分野とも比べものにならないほど軽々と人に時間旅行をさせるもので、音と記憶がガッチリくっついてしまうと、もう剥がれることはない。グリエールは私にとって、既にそうなってしまった側の音楽だった。それというのも私、吹奏楽部でこの曲を演奏したことがあって、だからこの曲を聞くと演奏した当時のことを思い出さずにはいられないのだ。懐かしいなんてものじゃない、目の前にあの頃の教室の映像が勝手に流れ出すような感覚。

 そもそも「青銅の騎士」とは、他ならぬこのペテルブルクにあるピョートル大帝像のこと。後で知ったことだが、この曲はサンクトペテルブルクの市歌にもなっているらしい。ロシアに縁のある音楽を演奏したことがある、ということすらその瞬間まで全く忘れていたのに、今ここでその壮大な音楽に合わせてこの地を歩いていると思うと、もう運命感じちゃって朝から涙が止まらないわけです。俺は来るべくしてここに来たんだ! サンクトペテルブルク、偉大なる都市!

 

 そんなペテルブルクなんだけど、この日宿泊したホテルの名前は「ホテル・モスクワ」。これがアレクサンドル・ネフスキー修道院の目の前にあって、私としては最高の立地だった。何しろこの修道院内にある墓地が目的地の一つだったので。

 もともとロシアに来ようと決意したのはロシア音楽にハマったのが原因なわけで、その19世紀の偉大な作曲家たちが眠っている場所がこのチフヴィン墓地なのだ。ちょうどというかなんというか、その日はムソルグスキーの命日……の翌日だった。なんかやっぱり、私は今来るべくしてロシアに来ているんじゃないだろうかね。ホテルに荷物だけ預けたら、オープンと同時くらいにチケットを買い、墓地をゆっくりと歩いて回った。時刻は9時半。まだまだ静謐な朝の空気が神聖性をかきたてる。

 この時ほど地球上の、つい数日前まで寝起きしていた日本の自分の部屋と今立っているこの場所との、距離の大きさを感じて恐ろしくなったこともない。こんなに遠く、本の中でしか見たことのなかった場所に、こんなにあっさり、来てしまえるものなのか。私がロシアにまで来ようと思ったまさにその原因の人物、一世紀半も過去の人物が、ここに眠っていて、その目の前に自分が立っていて、しかも後ろにはこれから滞在する近代的なホテルの建物が見える。全てがあまりにもちぐはぐで、そこにいるだけで考えなければいけないことがありすぎる。

 歴史上の人物は、歴史の中だけに生きているわけじゃなくて、今ここにあるこの都市で生きて生活していた一人の人間なんだよなあーーーと、それは当たり前のことなんだけど、国を隔てただけで随分特別なことのように感じられてしまうのであった。

f:id:queerweather:20171111123751j:plain

 到着して真っ先に念願を叶えられてしまったので、初めてでなんとなく不安だったモスクワとは打って変わって、朝からテンション爆上げで私のペテルブルクは始まったのでした。続きます。

ポテンヒット、馬が合わない、スポブラ


2001年から始まった漫才のコンテスト、M1グランプリが今年も開催されている。
勝戦の行われる年末にむけて、現在、準々決勝までが消化された。

(読み飛ばしてほしいんだけど、これまでお笑い関連の記事を書いたことがなかった気がするので、自分がお笑いを全く知らない人なのかそれともどんな感じに追ってる人なのか、一応書いておきたいように感じるので書くと、結局多くの人はお笑いをある程度見るのではないかと思うので、私は自分がお笑いファンかよくわからないが、好きな芸人のトークライブや大手事務所主催ライブや全国区ではない芸人の自主企画ライブなどにいったことがあるので、そういうレベルでお笑い好きなんだと思う。賞レースは生で見たことはないけれども、決勝戦に関して言えば、2007年のサンドウィッチマン優勝以降はリアルタイムでテレビなんかで見てて、それ以前のものも遡ってレンタルや配信で全部見たと思う。先日決勝戦が開催されたキングオブコントもそうだが、好きだったネタは何度も見返したりしている。という具合で、比較的お笑いファンの方なのかもしれない。)

3回戦や準々決勝のようすはGYAO!でも配信されており、私は早速知ってるコンビを中心に手あたり次第再生し、見て、笑ったりした。

一度眠りにつき、起きると漠然と先ほど見た動画たちの印象が思い出された。自分が思い出すのはなんとなくどのネタが面白かったなという印象と、先ほど見たとき何かに気づいたように感じたけどわからなかった何かだ。

見取り図というコンビのネタのなかで、謎の納得感というか高揚感というか、忘れていたくらいちょっと昔に流行った脳科学の専門家の口を借りれば「アハ体験」のようなものを表面的に味わっていたけれど、そのときつまりその体験が深いものになったのであった。

準々決勝で彼らの披露したネタのなかで「スポブラ」という言葉が登場する。これは別のネタのなかの別の展開のなかでも言っていたような、とそれを突如思い出した気がした。youtubeで再生した形跡のある動画をいくつか見ると、やっぱり言ってて、第52回上方漫才大賞で披露していた、オシャレについてのネタで言っていた。ちなみに今回のネタは、色気のある大人の仕草を切り口にしたネタだった。(こうして書くと似たようなテーマですがね)

構成の全く異なる2つのネタで、ボケとして登場する「スポブラ」は、スポーツブラジャーの存在やネーミングなのか、その言葉に、強烈にいわゆる「なんなんだ」、「なんやねん」、あるいは「なんなんほんま」的に思い、ある意味めちゃくちゃ衝撃を受けた単語なのだろうなということが表現されてしまっているような気がするし、控えめにかけば少なくともそんな想像が膨らむ。そうした個人のこだわりは衒ってできるものではないように思い、面白いし、メッセージとして受け取れる余地があり、得した気になり、まったく嫌な思いのしないものだと思う。誰かが言っているからという理由で乗っかるという悪口やヘイトスピーチの逆のものを感じる。
似たような言葉として、天竺鼠の川原さんがバラエティ番組(イロモネア)でおこなったショートコントで振りを重ねたうえで言ったボケとしてつかったり自身のyoutubeチャンネルで曲のタイトルにもしたり色々な場面で口にする「ポテンヒット」(川原さんは高校時代など野球部だった)や、鳥居みゆきさんが様々な番組のフリートークやコントのなかで使っている「馬が合わない」という言葉も、そのようなものとして感じている。

最近ツイッターでは文脈関係なしに「死ね」みたいな発言があれば、違反報告の積み重ねでアカウントが凍結されるということがあるが、言葉の暴力はべつにわかりやすいものだけではないし(「言葉の暴力」という言葉が一般に指し示すのはわかりやすいものだけかもしれないが)、言い換えるとある種の言葉による攻撃が自分にヒットしたとき、これはなんなんだろうと思い、誤解をおそれずにいえば本当の意味で傷ついて、大袈裟な言い方をすれば忘れられないでトラウマ化しまうことはあるし、それを無害化するかのように自分の作品や話のなかに織り込んで自分なりの意味をもたせていくというのは、衝撃を受けてまるで凍ったようにかちこちに固まってしまうよりも、言葉の世界から逃れられないとすれば、柔らかくあたたかい素敵な生き方であるだろうと思う。

大急ぎロシア観光 その5:乗り物のこと

前:大急ぎロシア観光 その4:本屋と文房具 - On the Homefront

 

 ドム・クニーギからの帰りは一人で地下鉄に乗った。モスクワの地下は交通網が発達していて電車の本数も多く、どこまで行っても値段は一定なので、目的地さえ分かっていればてきとうに乗ってもわりとなんとかなる。したがって乗るまではそう難しくないのだが、降りる方がやたら難しい。

 というのは一度乗ってしまうと、乗った駅から指折り数えるか、よく聞こえない早口の車内放送(当然、ロシア語のみ)を必死で聞き取る以外、今自分がどこの駅にいるのか情報を得る手立てが何もないのだ。ホームに駅名の標示も見当たらない。当然、電光掲示板のような親切なものはない。車内掲示の路線図もロシア語のみで、ラテン文字すら影も形もない。その上いちいちバシンッ!と勢いをつけて閉まるドア。なかなか飛び込むタイミングのつかめない大縄飛びのような緊張感がずっと続く車中の時間だった。

 

 ここにいると、自分アジア人の顔してるなーって思う。普段日本にいてこんな感覚になることはなかったので、これはちょっと新しい経験だった。ロシアでロシア人、いや少なくとも白人以外の人を見かける機会は、東京で黄色人種ではない人を見かける機会よりも格段に少ない。ただ、だからといって特別視線を感じるようなこともない。いかにも外国人観光客です、という見た目でいても何も気にされないのは気楽だし、安心感すらある。まあ、気にされなさすぎていきなりロシア語でガンガンまくしたてられて困ったこともなかったではないのだが……

 

 

 あっという間にモスクワとはお別れ。ペテルブルクには夜行列車で移動する。駅で売店を眺めたりしながら電車を待って、寒いホームはササッと通り過ぎ、チケットとパスポートを見せて車内に上がり込む。

 4人部屋のコンパートメントには、自分の他に紳士と若い男性が乗っていた。スーツケースをしまったり備え付けのスリッパを配ったりしている間、2人がロシア語で会話しているのが聞こえてくる。私も挨拶くらいロシア語でと思っていたら、尋ねられたのは「ドイツ語は分かるか?」……そ、そうきたか……!

 2人ともドイツ語もロシア語も話せる人だったようで、少なくとも2種類の言語で会話していたのだが、一体どれが母語だったんだろう。どちらにしろ私にとっては全く未知の言語ではないだけ幸いと、語学の記憶を総動員して意思疎通を試みてみたのだが、これがいざ話すとなるとまるで何も出てこないのだ。ドイツ語とロシア語がごっちゃで聞こえてきて、もう、ヤーがяなのかjaなのかわけわかんない! そんなたどたどしいやり取りにも2人はすごく親切にしてくれて、ひとりっきりのアジア人には涙が出るほどありがたかった。

 「私は日本人です」だけはロシア語で言えるように用意してきたので、中国人か?と聞かれたときは内心ガッツポーズである。名前を名乗ったら不思議な音だと言われた。ロシア人の名前は決まり切った何十種類かの中から選んでつけるものだそうだけれど、日本語の人名の生成性からすると信じられないような話だよなあと思う。

 

 ……気付いたときには明るくなっていて、窓の外には木造の小屋と畑、モスクワとはまるで違うのどかな景色が見えた。そののどかな風景も軽い朝食と熱いお茶をとっているうちにあっという間に通り過ぎ、次はいよいよサンクトペテルブルクですよ!

どんな映画になるのかな? 宮崎駿『君たちはどう生きるか』を『風立ちぬ』から予想する

 前回の記事では『君たちはどう生きるか』という作品自体の紹介や与太話をした。

 

queerweather.hatenablog.com

 

 で、ここからが本題なのだが、宮崎駿が『君たちはどう生きるか』を題名に置くと聞いて、驚くと同時に少しピンと来るところがあったので、以下それに関して述べる。

 

『君たちは〜』に現れる、教えー教えられる関係の描写

 もともと宮崎駿は教育に対して一家言ある映画監督である。例えば『教育について』という本に「こどもにいちばん大事なもの」という小論を書いているし映画制作の際にも子供たちに何を伝えるかということを折に触れて意識して作っていることをうかがわせる発言を何度か読んだことがある(こっちは出典あやふや)。

 

教育について

教育について

 

 

 今回宮崎が次回作のタイトルとして言及した修養小説『君たちはどう生きるか』は、先の記事に書いたように、題名もその内容も説教臭くはある。しかし、単なる説教それ自体ではなしに、小説の装いを以って、説教をする人=叔父さんとされる人=コペル君とのやりとりを書くことの意味は、教育者と被教育者との間にありうる1つの理想的関係を描出することにあったのだろう。

 多くの読み手にとってこの作品の読後に残るものは説教の内容ではなく、叔父さんの説教を素直に、まっすぐに受け止めるコペル君の純朴さなのではないだろうか

 

 宮崎の次回作のタイトルが『君たちは〜』であると聞き、すぐに思い浮かべたのは、今述べたような、この作品に描かれる教えー教えられる関係である。

 なぜそれを思い浮かべたのかと言えば、単に上で述べたように映画監督宮崎駿が教育を主題とした書き物をしたり、自己の映画の教育的側面にしばしば言及するからというだけの理由からではない。教え-教えられる関係は宮崎駿の映画作品自体の中に伏流するテーマとしてあるものだと考えられるからである。

 

宮崎映画における教えー教えられる関係

 宮崎映画では期せずして子供が異界に入り込んだり、不思議な力を得ることが一つの典型になっている。そしてルールのわからない世界に入り込んでしまった子供に対して、その世界のルールを教えるような年長者がしばしば登場する

 その年長者は場合によっては自分の意図に即して時に現実を捻じ曲げたり隠して伝えたりすることもあるのだが、教えられる子供の方はそれを純粋無垢に信じ、実行し、結果的には隠された謎を暴いたり、異質だったはずの周囲の世界を味方につけることになる。そして、ついにはその世界で力を持つ年長者の抱える問題にも肉薄していくのだ。『風の谷のナウシカ』(特に漫画版)、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』はこのような作品の典型である。

 

 

 

ハウルの動く城 [DVD]

ハウルの動く城 [DVD]

 

 

 

千と千尋の神隠し [DVD]
 

 

 それでは、『君たちはどう生きるか』もこれらに連なる作品になるのか。直近の『風立ちぬ』との連関で言えば、決してそうはならないと考えられる。というか、そうはならないように希望する。その理由を、ここから述べていきたい。

 

風立ちぬ』の場所−−−教育の暴力

 2013年に公開された、最後の宮崎駿監督による長編アニメーション作品(になる予定だった)『風立ちぬ』は、様々な意味でそれまでの宮崎アニメと比べ異色な作品であった。教えー教えられる関係の描き方にしても、例外ではない。以下『風立ちぬ』における教えー教えられる関係に関して簡単に述べていこう。

 

風立ちぬ [DVD]

風立ちぬ [DVD]

 

 

 『風立ちぬ』の前半では幼年期から青年期の二郎が雑誌等で知ったイタリアの航空技師カプロー二に薫陶を受け、夢の中で教育される描写が二、三度繰り返される。そして、この過程で二郎がカプローニから受容する飛行機に対するロマンティシズムは、技師としての二郎の活動を駆動していく。

 

 夢想的かつ内省的な人間像である二郎は自分の中で作り上げたカプローニに繰り返し教育されることで、理想を追い求めることのみに自己を方向付けていき、そこから生まれる犠牲(直接的には菜穂子)に盲目になっていくのである。ここでは、教育の暴力が扱われているということができる

 

抜け出せない/抜け出さない二郎

 これをナウシカの中の一部の描写と対比してみよう。漫画版『風の谷のナウシカ』で、崩壊前の世界の文物が残った園において、ナウシカが美しく心地よい幻想の世界に誘われるもそこから意志の力で離脱する。一方で、この空間に似ているカプローニのいる夢想空間から二郎はあくまで抜け出すことができない

 

 もちろん、優美な夢想的空間の陥穽が描かれていないわけではない。冒頭の夢で空中遊泳していた幼年期の二郎は、空から来た巨大で毒々しい飛行機に撃墜されて落ちるのであり、その後航空技師になってからの二郎の作る飛行機は冒頭の夢をなぞるように繰り返し落下する。

 しかし落ちるたびに二郎は新たな飛行機を作るのであり、二郎の飛行機制作はいわば夢の中での落下を克服するべく行われているようにも読める。つまり二郎が繰り返す試行錯誤には二郎自身による、二郎の中の夢想的空間を維持しようとする努力がメタフォリカルに仮託されているのだ

 

抜け出せない/抜け出さない人物への眼差し

 ナウシカ千と千尋ハウル、またそれらに限らず様々な作品で、宮崎駿は随分強い女の子を描いてきたと思う。彼女らは心地よい夢想の世界に絡め取られそうになっても、複雑怪奇なその世界のルールを一つ一つ把握し、唾棄すべき現実に改めて戻ってきた。たしかにその姿には励まされる。

 励まされるのだが、いつまでも夢想の世界から抜けだけない二郎のような人間像の方が私にはピンとくる。ここには、ある世界の見方から決して抜け出せない人物が描かれているからだ。ここで私は、(行き過ぎかもしれないが)東浩紀が『この世界の片隅に』に寄せた評を想起してしまう。

 

f:id:queerweather:20171029140208p:plain

 

 ことほど左様に『風立ちぬ』を観ると私には、二郎はこのようにしか世界を見られないのだな、と感じられる。

 

 戦争から遠く隔たった今日の私、苦難に対して決していつも強靭ではいられず、ともすれば自分に都合の良いものばかり見てしまう私は、自分の作り出した世界から抜け出せなさの悲哀、弱さの自覚から始めなければならないと思う。そのため、私にとって、『風立ちぬ』のような作品はとても気になるのだ。

 

ちょっとこじつけっぽい結び

 風立ちぬ』の二郎のように自分の作り出した夢想空間から抜け出せない/抜け出さない人間とそれゆえにその人物がふるってしまう暴力を作品の主題に据えるのは宮崎監督の新傾向といえるだろう。そして、この傾向が続くとすれば、『君たちはどう生きるか』もまた、そこに描かれた教えー教えられる関係の暴力性を暴露するような作品となるはずである。そして、そうなって欲しいと思う。これだけ長大な宮崎監督のキャリアの最後に置かれる作品が、年長世代からの若者への説教であったとしたら、本当に興ざめであるからだ。そうであるはずがない、と思う。

 

 

  

 

宮崎駿の新作タイトルが『君たちはどう生きるか』だと聞いて驚く

 

   どうやら宮崎駿の新作映画のタイトルは、朝日新聞によれば『君たちはどう生きるか』らしい。正直かなり驚いた。この情報は朝日新聞デジタルより。

www.asahi.com

 

   同記事にも言及があるように、このタイトルは吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』からとったもの。

 

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

 

 

『君たちはどう生きるか』はこんな本

   この本は一時期繰り返し読んだので、懐かしい。ウィキペディアからこの本に関する情報を引用しておこう。


『君たちはどう生きるか』は、児童文学者であり雑誌「世界」の編集長も務めた吉野源三郎の小説。山本有三が編纂した「日本少国民文庫」シリーズの最終刊として1937年に新潮社から出版され、戦後になって語彙を平易にするなどの変更が加えられてポプラ社岩波書店から出版された[1]。児童文学の形をとった教養教育の古典としても知られる[2]。

君たちはどう生きるか - Wikipedia


   引用部に「「日本少国民文庫」シリーズの最終巻」とあるように、同書は当初戦時下の少年たちを対象として発刊された。

   「君たち」という高みからの呼びかけとともに、生きるという大きなテーマをストレートに問う題名から推測されるように、読み手の人格を陶冶することを目的の一つとするような「教養書」、修養書の類であると言えるだろう。


   この本で描かれるのは叔父さんを筆頭にした良識ある大人の導きに沿って物事を考えるコペル君という少年のありようである。コペル君は叔父さんの導きを受け、社会科学的なものの見方を身につけながら、個人とその集まりとしての社会、そしてその中にあっての自己という三者の望ましいあり方について考えをめぐらす

 

漫画化までしてるんだ

   以上の紹介文を読めばわかるだろうが、つまりは多分に説教臭い内容であり、今これを持ち出すのは時代錯誤であるのでは?などと思うのだが、続くwikiの説明文に最近漫画化されたという情報が載っており、驚いた。

 

s.magazineworld.jp

 

   特設Twitterアカウント(@kimitachimanga)によれば、30万部突破とのこと。こういうのを喜ぶ人が結構いるんだなあ。岩波文庫として出ている原作からしてがそもそもベストセラーで、大きめのブックオフにいけば100円コーナーに二、三冊見つけることが出来たりする。


   漫画版は上のリンク先から一部試し読み出来るので読んでみたのだが、感想としては、引用も多く、全体として原作に忠実という印象を持った。原作が一部の教養人の間で聖典化されているきらいがあるので、原作を損なわないように注意したのだろう、と漠然と思われる。本当に数ページしか読んでいないので、この印象は信用しない方がいいのだが、全体を確認できた目次などは原作の引き写しに近い。

 もともと原作が子供向けにわかりやすい言葉で描かれており、また挿絵も結構挿入されているのだから、これなら原作を読めばいいのではと思ってしまうが、まあ、人によっては岩波文庫というだけで身構えるだろうし、これもいいのかもしれない。

 

 
  ・・・と、すっかり『君たちはどう生きるか』の紹介になってしまったが、本題は宮崎駿の作品に現れる教育というモチーフのつもりで書き始めたのでした。しかし長くなりそうなので本題に関しては次の記事で改めて書きます。

 

→相当力を入れて書いたのですが、あまり読まれなくて悲しい。『君たちはどう生きるか』がどんな映画になるかを予想したので是非お読みください。

 

queerweather.hatenablog.com

 

 

 

 

社会と個人〜二項対立とスペクトラムとそのあいだ〜

ツイッターなんかを見てると、たまに架空の対義語をつくったりしてる言葉遊びのようなものがタイムラインに流れてくるけど、私は小学校のころ、類義語と対義語の勉強をしていたとき、「社会」という言葉の対義語は「個人」であると習って、そこそこ驚いた記憶がある。

 

今思えば、類義語や対義語を誰が決めてるのだろうか、辞典編集者なのか、そのドリルをつくった人なのか。あるいは、日本類義語⇆対義語協会、みたいな機構があるのかもしれない。とにかく、個人と社会が対義語の関係にあると聞いて驚いた、というか、そういうことにしてるんだ〜、みたいな感慨があったという方が近いかもしれない。対義語はその語と逆の意味を示す熟語と習っていたから、納得できるようなできないような気分を味わった。

 

さて、通例として高校や大学や大学院を卒業したりすると、社会人になったりする。たいていは学生ではないということが強調されているから、例えば今また国語の参考書を開いて対義語の単元を学習して、学生の対義語は社会人ですとか、社会人の類義語は大人ですなんて書かれていたりしたら(そんな参考書はありえないけど)、じゃあ学生の類義語は「子供」になるってことなんでしょうかとか思いつつも、個人の対義語は社会と知らされたときほど驚愕しないだろうし、あまりこだわらなければテキトーにまあそうかもしれないですね、と流せそうなレベルな気がする。

 

両者の対義語関係がなかなか腑に落ちなかった幼少期の私は、その違和感を上手に言語化できなかったか、あるいはしてたのかもしれないが忘却の彼方(「子供」はこういう風に軽んじられがちですね)なので、今の私がどういう言語感覚でそれらの語をとらえているかというと、なんというか個人の集合が社会だと思っているのだと思う。一部と全体の関係として考えていて、個人たちを総称的に社会と言えるという風に感じる。でも、ここまで考えて「個人」に含まれる「個」という漢字は単一性を示す文字だし、単なる一つというわけではなくその単一性を強調してるわけだから、そういう意味では、"a man" というより"one woman"みたいなニュアンスなのかなとか思えば、(まだ個人的には納得いかないけど)対義語としての説得力は増しそうな気がする。