On the Homefront

東京大学文科3類ドイツ語クラス卒業生の共同ブログです。個々人が、それぞれに思うことを述べていきます。

それでも男子は赤いランドセルを使えない

 最近のランドセルは色に縛られなくなってよいことだなあなどと思っていた私がバカだった。
 例えば有名メーカーのウェブサイトを見てみると、ランドセルのページはまず「女の子向け」「男の子向け」の二択から始まる。「女の子向け」は赤だったり水色だったり茶だったり紺だったりとカラフルで、かわいらしい刺繍などの装飾も多い。「男の子向け」も黒に限らず青だったり銀だったり色のバリエーションはそれなりにあるが、圧倒的に赤だけは避けられている。柄や模様は入っていないものが多い。
 結局、女=赤/男=黒みたいな固定的な色の縛りがなくなったとして、それはそれだけのことだった。色を介さずに性別の規範が直接デザインに反映されるようになっただけ。女はオシャレで美しくてかわいいものを求めなければならない。男はそのような「女らしい」ものを選んではいけない。もちろん全てのランドセルがそういうコンセプトなわけでもなくて、中には性別を全く意識しないデザインもある。それでも、最初の選択肢は「かわいい女の子向け」か「かっこいい男の子向け」として提示されるわけ。

 

 幼稚園のころ、赤は当然女の子の色でしょ?というようなことを言って、そんなことはないよと母親に返され、納得がいかなかったことを今でも覚えている。たった4年か5年この世で生活しただけで、世の中の規範とされているものは、既に世の中で規範とされているという理由だけで、正しいものとして我が身に吸収されてしまうのだ。そういう常識を疑うことを知るまでに私は十何年か要した。疑えるようになるまでにはまだかかっている。
 おそらく今「女の子向け」のかわいいランドセルを使う男の子は周りに何かしら言われるだろうし、そういったかわいいものを使いたくない女の子は選べるランドセルの幅がぐっと狭くなるだろう。そういう常識になっているんだものな。ランドセルが規範を再生産しているのではないかと思うと気が重い。

 男と女とその中間とがあればいいという話ではなくて、まずそもそも男か女かというカテゴリーを作ろうとするのがいい加減わずらわしい。「女」と「美」とか「愛らしさ」みたいな要素を一本線で結ぶような常識はぶっ壊れろ。男とか女とか関係なく、ただ望む人が望む時にかわいさと結びつけるようになればいいのに。

大急ぎロシア観光 モスクワその2:バレエ鑑賞

前:大急ぎロシア観光 モスクワその1 - On the Homefront

 

 当たり前だが、モスクワ市内はどこを見渡してもキリル文字だらけだ。一応ロシア語は初級の教科書を丸一冊習ったので文字は読めるし、出発前に語彙も叩き込んできたつもりだった。とはいえ、そんな付け焼き刃でいきなり読んだり話したりができるようになるはずもなく、移動中の車窓から全てのものを物珍しく眺めながら、目についた看板を一文字ずつ拾ってなんとか解読しようとするのが私にできる精一杯だった。

 

 この晩の行き先はモスクワ音楽劇場。ここで日本語ガイドと別れ、バレエを観る。ロシアといえば舞台芸術、というのもこの旅行の一つの目的なのだ。

 バレエには言語は関係ない。音楽と、体の動きだけ。その動きというのが圧巻なんだ。肉体美! 観ている最中、隣のおばさんが特定の男性ダンサーが出てきたときだけとりわけ熱心に拍手を送っているのに気づいて、彼のファンなのだろうか、でもハマる気持ち分かるなあ……とちょっと思ってしまった。だって見とれてしまうもの、人間の体ってこんな動きもできるんだなあーって。そしてそれがただ体の動きであるというだけではなく、クラシックバレエの形の中で、キャラクターの性格や心情を生き生きと伝えるわけ。

 ……バレエを見ているときの気持ちって、特撮ヒーローを見るときの感じとちょっと近いものがあるとか思ってしまった。着ぐるみや仮面の下で役者の表情は見えず、キャラクターは体の動きや仕草だけで感情の機微を表現する。そして鍛え上げられた体から飛び出す超人的なアクション。こんなの、楽しくないわけないじゃん! こういうのって普遍的に人の心に訴える芸術なんだわ、多分。

 

 最後の幕が下りて拍手が止んだ瞬間、余韻を味わうなどというノンビリした習慣はないとでも言わんばかりに、皆一斉に席を立ちあっという間に玄関へ詰めかける。ここでちょっとトラブルがあった。クロークに預けたはずのマフラーが戻ってこないのだ。何しろものすごい混雑、ゆっくり対応してもらう余裕などない。ちょっと探して見つからなければそれきり完全に放置され、私は焦って言葉が出なくなってしまった。マフラーってロシア語でなんていうんだっけ? オロオロしている間にもどんどん人が流れていく。取り残されて途方に暮れたとき、天使が現れた。

”May I help you?”

自分と同年代かもっと若いくらいの女性だったが、英語で話しかけてくれた人の存在の心強さといったら。単に目の前の相手に言葉が伝わらないということより、周りの人が自然に意思疎通できているのに自分はできていない、その場から切り離されているような所在なさがいかに不安なものか思い知りましたよ。

 振り返って思えば、サンクトペテルブルクではともかく、モスクワで英語を聞いたのはあのとき一回きりだったんじゃないだろうか。とにかく初日は本当にロシア語も何も言葉が出てこなくて、あまりの不甲斐なさにやっぱり一人で海外なんか来るんじゃなかった…と後悔すらしそうになっていたので、彼女のおかげでかなり救われたところがある。いい人はいるし、なんとかなるのだ。

 結局マフラーは最後の最後に人の波が空いてきたところで床に落ちているのが見つかり、無事に手元に帰ってきたのであった。慣れない海外1日目はさすがに疲れた。その日はホテルに着くと、晩飯も食べずに眠りこける。次回につづく。

一人暮らしで迎えた変化

 最近一人暮らしを始めた。当然に孤独を感じる機会が増えた。

 何も家族と住まなくなったことだけが、その理由ではない。いくつかの偶然が重なり、人を避けようと思えばいくらでも避けることができるようになったのだ。

 

 例えば、朝の電車は下り方面に乗ることになったので、やりようによっては、人が数人しか乗っていないような車両を利用することができることになった。通勤の電車に乗っているにもかかわらず、視界から人を完全に追い出せたりするのである。高校一年次より基本的に混み合う電車を利用していた私にとって、これは大きな変化だ。

 また、近くに喫茶店がいくつもあることから、朝起きてすぐ、または夜寝る前に気軽に喫茶店にいくことができるようになった。そのような時間帯は、場合によっては自分一人しか客がいない。

 

 日常生活の中で、一人になれる時間を得ることができるのは尊いことである。実家暮らしで常に私が待望していたのは、一人になれる時間だった。それは、同じ場を共有する人のいない時間を意味しているわけでは必ずしもない。そうではなく、周囲に気兼ねをすることなく、自分一人のことだけを考え、自分のしたいことだけに集中することができる時間ということを示している。実家暮らしにおいて、それは不可能ではなかったが、なかなかに難しかった。

 

 実家暮らしをしていた時には自分の部屋は与えられていた。したがって、扉さえ閉めてしまえば、部屋は私一人になった。しかし、だからといって、部屋の扉さえ締めれば、一人になれる時間を得られる、ということにはならなかった。

 家族が発する生活音や話し声、そして足音は扉を超えてこちらに聴こえてくる。それらに細かく神経を刺激され、絶えず意識の一部をそれらにもっていかれる状況下では、自分のしたいことだけに全ての集中力を注ぎ込むことはできない。部屋にいるのは自分だけだが、意識を向けているのは自分に対してだけではないのである。

 

***

 一人になれる時間ができたことで、私の中にはいくつかの変化が生じているのだが、その一つに、テレビをみたいという欲望が湧き上がってきたことが挙げられる。

 私は実家暮らしではテレビを嫌っていた。それはもう毛嫌いしていた。だから、テレビが欲しいかもしれない、と母親に電話で告げたとき、相当に驚かれたのである。

 

 なぜこのようなことになるのだろう。その理由は、私が嫌っていたのがテレビそのものではなく、自分の意に沿わない雑音を、意に沿わない大きさで、意に沿わないタイミングに聞かされることであったからだ。

 ある時にバカバカしく思う番組でも、それを必要とするタイミングはある。ある時にはうるさい音量でも、ある時には物足りないということがある。家族の基準に合わせ、それらを押し付けられることがたまらなく嫌だった。だったら、無音の方がずっとマシで、テレビなどない方がマシに思えたのだ。

 

***

 自分の意に沿うように周囲の状況をコントロールしたい。そうして、自分のしたいことだけを、したいように十全にこなしたい。

 このようにおよそ社会性とは無縁な志向ばかり上で開陳したが、こういった欲望を持つのは、日常生活の様々な場面で、他人に合わせようとしすぎていることの裏返しであろうと、自分でそう思うのである。

 

 合わせ過ぎることなく、一人で閉じこもり過ぎることなく、なめらかに生きたい。それはどのようにして可能なのだろう。

 

                                    江藤

 

『地獄先生ぬ〜べ〜』における巨乳

( 江藤である。))

 昨日、以前家庭教師をしていた子と艦コレに関してラインしていて、酔っ払っていたのも手伝い「やっぱ胸っておっきいほうがいい?」と聞いたら「胸で決めるようになったら男は終わりじゃないですか?」とか切り返され、色々ひどかったんだけど、そのやりとりの後、「そういえば「巨乳=男が望むもの」という価値観を私はどっから摂取したんだろう」ということを少し考えた。

 

 記憶をたどった末に、最近Twitterで少し話題にもなったが、この種の事柄に関して一番影響が大きかったのはジャンプだな、と思い当たった。

 

 私は長くジャンプ漫画を読み続けてきた。特に『地獄先生ぬ〜べ〜』はゲームボーイにハマる6歳以前から読んでいたと思う。この漫画はなかなかに過激だった。

 ぬ〜べ〜に関しては以下を参照。2014年にドラマ化したらしい。全然知らなかった…。

http://www.toei-anim.co.jp/tv/nube/

https://ja.wikipedia.org/wiki/地獄先生ぬ〜べ〜

 

 まず、この漫画で登場人物の女の子たちは大抵グラマラスなボディを持っている。彼女らが日常生活の中で着替えたり、シャワーを浴びるなどで身体を晒すシーンの描写はしばしばあり、かつまた、彼女らが妖怪の作用により本人の意思とは無関係にお色気ムンムンな雰囲気をまとったり、身体的な魅力を活用して男性の友人たちをはべらすという展開も一定の頻度で見受けられる。

 全ストーリー中もっとも過激だったのは、主人公鵺野鳴介の右手に封じ込められた鬼の妹にあたる女鬼ミンキが登場するあたりではないか。「鬼のパンツはいいパンツ」という歌に現れるように、鬼のパンツはそれを履く鬼に力を与えてきた…というような日本古来の伝承を背景とし造形されたミンキはパンツにより自己の力を制御するということになっている。

 そして、このパンツは、一方で、具体的な攻撃の道具にもなる。ミンキの技であるミンキーパンツは跳躍したミンキが空中で思い切りよく開脚し、パンツを纏った股間を相手に衝突させる形で行われる打撃攻撃である。というと、ラブパニックコメディのようなドタバタタッチを想像するかもしれないが、この攻撃シーンは他の妖怪たちの攻撃シーンと同様、いたってシリアスであった。もしかすると、ひらひらとしたあの無力なパンツをいかにして武器にするかということを作家と編集が真剣に悩んだ結果なのかもしれない。

 ミンキ問題に関してはこのブログに言及がある。パンツをはいていない女ヒロインの導入が当時の読者に対して投げかけた波紋が、筆者の反応から看て取れる。

blog.goo.ne.jp

 

 妖怪に関する場面を離れても『ぬ〜べ〜』では少女の体のセクシーさの過剰や、その逆の欠如は繰り返し焦点化される。ヒロインの一人であるミキはその巨乳を利用してへなちょこ男たちに色目を使ったりするおませな子で、本命ヒロインのキョウコはミキにそのペチャパイを繰り返しけなされたりする。

 乳の大きさを賭け金としたやりとりはこの漫画のギャグパートでも頻出する重要なテーマの一つであると言って良いだろう。小学生にもかかわらず大きな乳を持つミキは、男性の欲望の対象として自分の体を積極的に差し出し、それによって同級生たちからの差異化を測る。が、漫画中の描写で「垂れ乳」が繰り返し現れるように、それはあくまで一定の若さを保っている間しか効力を持たないことが示されている。

 一方ペチャパイのキョウコはガサツで暴力的で、性格としてはおよそ女性的な魅力に欠けるものとして描かれているものの、ヒーローであるヒロシを仕留めるのはキョウコである。

 セクシーな女性の身体の魅力は、愛の強さに負けるという典型的な筋書きであるので、その限りにおいて、この作品が巨乳を無批判に称揚しているものとはいえないが、それにしても、大きな乳を持たない女は身体的魅力に劣るというメッセージは強く伝わって来る。『ぬ〜べ〜』にはまった子供は、巨乳=男が求めるもの、という価値観を持つようになったのではないだろうか。

 

 巨乳問題に関しては、続く。

 


2017ねん8がつ4にちのにっき

中江です!

 

今日はかつて私が中高生だったころ隆盛を誇った前略プロフィールで多くの人間がリンクに紐づけていた"りある"なる日記(?)サービスで行われていたように(!??)日々を綴ろうとおもう(笑)


さていきなりですが、3日前に病院に運ばれました。正確には運んでもらいました、といった感じ。自分で救急車を呼んで自分が乗ったので……(>_<)


それはまだ日が沈みきってない帰り道、いつものようにバス停の前で音楽を聴きながら今か今かとバスがくるのを待っている時、突然眩暈がし、足がガクガクしてきたので、近くの小道に入り、地べたに座って休憩しました。しかし、体調は回復せず、意識が若干朦朧としてきて、このままではまずい!とパニックになりました。泣


なぜ、急に失神の恐怖にとらわれたかというと、去年のちょうどたしか今日に、実際意識を失って倒れるということがあったからです。その時はバイト先で急に悪寒を覚え、慌ててトイレに行ったら胃液のようなものをひたすら吐き続けヤバいと思って、直属の課長に電話をして助けを求めたところでホワイトアウト、そのまま気づいたら病院という事態でした。汗


そのときの感覚がフラッシュバックしたのでしょう。私は自分のために救急車を呼んでしまいました。私は自分のために救急車を呼んだことのある人間、私は自分のために救急車を呼ぶ側の人間になりました。(完)


詳しくは述べませんが、インターネットを見ていると、このような自分を助けるために公的な誰かを使う権利を(ためらいなく?という印象を与えるのでしょう場合によっては)ためらいなく行使する人間に、乱暴な言葉をぶつける感じはけっこうあります←


優しい言い方だと、「それ絶対必要だった……?」「本当に困っているなら仕方ないけど」絶対必要!本当に困っている!ということはどういうことなのか、ぶっちゃけよくわからない〜的な態度もおおいに叩かれうるし、そうなの!と断言しても、傲慢だとかプロ活動家のレッテルを貼られるかもしれませんし、そういう優しい人には優しく対応するのがいいっていうか、なんていうかセオリーっぽいですよね……。どうしよう。むずい。あと、誤解を恐れずにいえば、生活保護は不正受給にかかる枕言葉っぽいとおもう。(大嘘)


なんか疲れました。爆


夏バテ気味なのかな?笑笑
まあそういうことにしておこう……()


いろいろ書きましたが、ゆっくり休もうと思います‼︎
とりま、おやすみなさいー(u_u)

 

 

 

中江

日本の伝統的な世界観と名高いハレとケの精神

 

古来より、日本人は日々暮らしている日常と、冠婚葬祭や年中行事といった非日常を分けて生活してきていて、そして、それを「ハレ」と「ケ」というふうにいいます、的な文章はけっこうよく見る。

 

実際「ハレとケ」という言葉は、誰かと喋ったりしても、不自然なくらい案外耳にする機会もある言葉なような気がしませんか、と思う。というのも会話の中で「ハレとケって言いたいだけなのでは」というシーンも人生のなかで何度かあったし、自分も一時期好んで強引に使っていたような気がしないでもないし、なんとなく口に出すと楽しいような、みたいな感じな言葉な気がするかもしれない。

 

例えば、分裂症的な思考にたって考えたら、言葉のシステムに参入できるプロデューサーによって推されてるとしか思えません。(運営のお気に入り)

 

思い出してみると小さな頃から、地域のお祭りとかに行っても、日常から解放されていると思うわけではなかったし、むしろ好きな漫画の発売日(そのあと友達とその話でおおいに盛り上がったりする)の方がそんな感じだったから、その感覚がわからないだけだとは思う。祭りやイベントは、外から決められてもともと絶対的にあるから誰かと共同することが前提になるものではなく、感覚とか趣味とか気持ちで勝手に選んでみたら結果的に誰かと共同しているというものと、自分にとってはいえそう。

 

(あくまで漫画の例でしたが、好きなアーティストのコンサート、足繁く通っているお店でのイベント、◯◯◯◯生誕祭などでも、同じだと思う)

 

ソーシャルゲームのイベント開催期間が気づいたら終わってて、ショック‼︎といった感じで日々を生きたりしていると、ハレとケは、ヤバいこれ神イベントきてるわ、とか、また月曜から社畜生活だ……という話なのかな、と思う。

 

 

中江

大急ぎロシア観光 モスクワその1

 この3月、初めてロシアに行った。
 突然思い立って1カ月くらいで準備して、わけもわからないうちに行って帰ってくるという慌ただしい一人旅だった。パスポートすら持っていなかった私がこうも急に海外旅行に行こうと思ったのも、一番の動機はロシア音楽にハマったからだ。もともとクラシックが好きだったんだが、ムソルグスキーに本気でハマってしまい、熱意のままに作曲家ゆかりの土地を訪れることを決めたのだった。
 モスクワとサンクトペテルブルクにそれぞれ2日ずつ滞在するだけ、という大慌てのスケジュール。私にとっては初めて足を踏み入れる大陸でもある。せっかくなので、かいつまんで思い出話を書いてみることにする。

 

f:id:queerweather:20170724224008j:plain

 

 モスクワは暗かった。というのは性格とか気運の話じゃなくて、物理的に明るさが少ない。
 まだまだ冬と言えるような季節だったし、吹雪いていて天気が悪かったのもあるけれど、まず屋外が暗い。薄暗い。そして屋外から見える建物の中も暗い。本当にこの中に人がいるのか?と思ってしまうほど、どの窓も暗い。宿泊先のホテルも暗い。ロビーの照明が暗い。朝も夜も暗い。どこに行ってもムーディな雰囲気というか、怖いというか、日本が明るすぎるだけなのだろうか、とにかくモスクワは暗かった。

 それから、モスクワはでかかった。確かにロシアはでかい。にしても、首都だけでその国土の大きさが分かったような気になってしまうほど、まずモスクワ市の面積が広い。そしてその市内にあるありとあらゆるものが大きかった。道路に面したマンションはどれも威圧感を感じさせるような年季の入った建物で、しかもこれだけ大きな建物がドンドン建ち並んでいるのに、空が限りなく広い。
 ロシアの空は埋まらない。日本のようにそこらじゅう山や海に囲まれて暮らしているのとはわけが違うのだ。どこまでも大地。広すぎる空の果ての方で、大地と街がグラデーションになって溶けているのがなんとなく見えるような気がする。
 ホテルの客室から見た風景も暗くて、でかい。初めて訪れるこの国の印象をばっちり固めるにはそれだけで十分だった。ここはロシアだ!!

f:id:queerweather:20170724224720j:plain

 

 そんなモスクワを自動車で移動したわけだが、とにかく道路の渋滞がすごい。みんな車を使いすぎだとガイドさんも嘆くほど、モスクワ市内は常に渋滞しているらしい。そしてちょっと道が空いたとか思うととたんに7、80キロでかっ飛ばし、そのスピードのままぬるぬると車線移動する。こんな隙間に入るのかと思うほどスレスレの隙間を縫うように走る。絶対に遠慮はしない。運転が荒いのはこの国だからというわけではないのかもしれないが、東京の路上教習ですらうんざりだった私は、後部座席に乗っているだけでいつ事故に遭うのかと気が気でなかった。
 それからもう一つ、モスクワの道路を走っている車は例外なく汚れていた。これは私にも理由が分かる。北国の春は雪解け水を跳ね散らかしてどこもかしこも汚くなるのだ。

 

 行きの飛行機が遅れていたので、初日はただでさえ忙しい日程がますます超特急の観光になった。モスクワ市内の主要な観光地を回って、あっという間に夜。次回につづく。